/

岡山でJRの大型観光企画開始、コロナ禍から回復へ弾みに

岡山県や観光事業者がJRグループ6社と取り組む「岡山デスティネーションキャンペーン(DC)」が1日始まった。岡山の名産の白桃やブドウについて学んで収穫できるツアーなど、様々な観光企画を用意した。期間は9月末まで。6年ぶりの岡山DCで新型コロナウイルス禍で落ち込んだ観光需要を盛り上げる。

1日はJR岡山駅でオープニングセレモニーを開き、県北へ走る新たな観光列車「SAKU美SAKU楽(さくびさくら)」が出発した。伊原木隆太知事は「2年間大変だった観光業の起爆剤に非常に良いタイミング。精いっぱいのおもてなしで全国からの皆さんをお迎えしたい」とあいさつした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン