/

この記事は会員限定です

伝統の醸造に赤いLEDの光 栃木の西堀酒造6代目

人物ファイル

[有料会員限定]

醸造の過程で赤色発光ダイオード(LED)を照射した日本酒「ILLUMINA」(イルミナ)が登場した。光はご法度とされる日本酒造りにあえてLEDを取り入れた。狙いは「日本酒の華やかな吟醸香と辛口のキレを両立させたかった」から。30歳の若い蔵元、西堀酒造(栃木県小山市)の西堀哲也さんが新しい酒造りに挑んでいる。

日本酒はカビの一種である麹の酵素がコメのデンプンを糖に変える「糖化」と、酵母が糖をアルコー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン