/

この記事は会員限定です

幸楽苑、ギョーザなどスーパーで販売へ「自宅食が定着」

[有料会員限定]

ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングス(HD)はギョーザや生ラーメンなどの食材をスーパーの店頭で販売する。新型コロナウイルス禍が収束しても自宅で食事をとる動きは定着し、店舗で飲食する客の伸びは鈍いと判断した。5年後をメドに食材の売り上げを全体の1割弱に育てることを目指す。

幸楽苑はコロナ禍が広がった2020年春以降、出来たてのラーメンやチャーハンなどを原則すべて持ち帰りできるようにした。

同時にレジの横にショーケース...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン