/

オタフクソース、不妊治療に特別休暇

オタフクソース(広島市)は不妊治療に取り組む社員をサポートする制度を設けたと発表した。月に1日特別休暇を取れるほか、最大で1年6カ月休職できるようにした。治療による心理的・身体的な負担を軽減し、社員の働きやすさにつなげる狙い。

約570人の全社員のうち、不妊治療に取り組む男女の全員を対象とする。年齢制限は設けていない。1日あたり通常8時間の勤務時間を、6時間に減らすことも認める。その場合給料は減額とする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません