/

「風力の秋田」融資で回す 北都銀、再生エネに600億円

データで読む地域再生 まとめ読み

10月1日に公開したシリーズ企画「データで読む地域再生」では、都道府県別の銀行の「預貸率」を取り上げました。金融機関の預金がどれだけ貸し出しに回っているかを示す指標です。北海道から九州・沖縄まで各地銀の対応を探ると、低金利の長期化や人口減など厳しい事業環境の中でも新たな資金需要を生み出している地域が浮かび上がってきました。

北都銀、秋田の再生エネ後押し 風力など融資残高600億円超

滋賀銀、ESG目標達成で金利優遇 1年で融資総額121億円

香川銀、医療・介護関係に強み 外国人実習生の採用ツアーも

富山銀、取引先コンサルに専用部隊 販路拡大20年度318件に

佐賀共栄銀、貸出先16年比で倍増 支店長や役員も相談相手に

静岡銀、融資開拓へ営業担当集約 SDGs重視の中小に融資広げる

北海道銀、事業性評価に軸足 融資開拓2年半で4700件

山梨中央銀、産業別に担当者 ワイン・観光など地場産業を支援

データで読む地域再生

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン