/

「新潟直送計画」のクーネルワーク、新潟市に初の実店舗

IT(情報技術)ベンチャーのクーネルワーク(新潟市)は1日、新潟市内のショッピングセンター「デッキィ401」に産地直送セレクトショップ「KITAMAE(キタマエ)」を出店した。農産物直売コーナーやカフェなどを併設した複合型店舗をめざす。同社が実店舗を展開するのは初めて。

農家が持ち寄る農産物直売コーナーや、それらを使った料理やドリンクを提供するカフェ、精米したての新潟米を使ったおむすびデリなどを併設する。取扱商品は物販が500商品以上、カフェ・おむすびデリのメニューが30~40商品という。ギフトカウンターでは店頭商品の詰め合わせや「新潟直送計画」掲載商品のほか、枝豆やルレクチエなどの農産物も各生産元から全国に直送できる。

クーネルワークは2011年から、県産品を取り扱う産直ECサイト「新潟直送計画」を展開している。店名には地域の物流や新潟の繁栄を支えた北前船のように、日本海側に新たなつながりを生み、産業発展と文化交流の起点になるとの狙いを込めた。新潟だけでなく山形、秋田、富山、石川などの産品も入荷する計画だ。

「新潟直送計画」は新型コロナウイルス禍で帰省や県境をまたぐ移動の自粛要請が長引くなか、巣ごもり消費や、県産品の取り寄せ・ギフト利用が増えている。20年1~12月の売上高は4億5000万円で、3年前の約4倍の水準。21年1~8月は前年同期比3割増と成長が続く。掲載店舗数は現在約665あり、1385商品を取り扱う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン