/

この記事は会員限定です

ガイア環境技研、マレーシアにゴミ炭化装置

[有料会員限定]

燃料用の炭や炭化装置の製造販売を手掛けるガイア環境技術研究所(仙台市)はマレーシア政府からゴミ処理用の炭化装置を受注した。受注総額は35億円規模とみられる。同国内では処理能力が追いつかずゴミ問題が深刻化している。装置はゴミを発電用の炭に変えられるのが特徴で、海外展開に弾みをつけたい考えだ。

炭化装置は焼却炉と異なり、空気を送り込まずに直接ゴミに熱を加えることで高密度な炭に変える。できた炭は石炭など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン