/

この記事は会員限定です

福井県が原子力防災訓練 コロナ禍対応、試行錯誤

[有料会員限定]

福井県などは10月29、30日、毎年恒例の原子力総合防災訓練を実施した。運転開始から40年超が経過する関西電力の美浜原子力発電所3号機(福井県美浜町)が地震で外部電源を失ったとの想定で、1月に広域避難計画が策定されて以降、初めての訓練だ。前回に引き続いて新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、避難所の追加などの手順を確認した。

若狭湾を震源とした震度6弱の地震が発生。美浜3号機の外部電源が喪失し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン