/

この記事は会員限定です

能登のころ柿、里山彩る希少な「カーテン」

映える!

[有料会員限定]

能登半島で伝統的な干し柿「ころ柿」の生産が最盛期を迎えた。太陽のような色の果肉に、上品な甘みが凝縮している。昔は家庭で手作りする素朴なお菓子だったが、今や石川県を代表する贈答品だ。2021年は柿が大不作。初競りの平均卸値は2割ほど上昇したものの、能登への冬の訪れとともに甘いころ柿ができあがっている。

能登の中央部、志賀町が主な産地だ。11月頃から農家の軒先に柿のカーテンができる。原料柿「最勝」は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン