/

この記事は会員限定です

[FT]第3子容認、中国は変わるか

[有料会員限定]
Financial Times

中国政府が5月中旬に発表した国勢調査は人口増加率の鈍化を浮き彫りにした。1人の女性が生涯産む子どもの数を示す合計特殊出生率は、世界最下位の部類だ。2020年の出生数は、大躍進政策で多くの餓死者が出た1960年代初頭並みに落ち込んだ。

さすがに、こうした数字を無視できなかったようで中国共産党は5月末、約40年間続けてきた産児制限をさらに緩め、第3子の出産を認める方針を示した。ネット上にはこれを皮肉る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン