/

この記事は会員限定です

[FT]脱炭素投資にも南北格差 途上国向け「3年で2兆円」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

11月にエジプトで開かれる第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)の参加者は問題のあるデータをいくつも検討しなければならない。

そのうちの一つで、あまり知られていないのが、2019~21年に成立した発展途上国の気候変動対策支援を目的とする「ブレンドファイナンス」(公的資金を使って民間投資のリスクを軽減する仕組み)の合計がわずか140億ドル(約2兆円)だったことだ。

これはその前の3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2738文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません