/

この記事は会員限定です

[FT]「習思想」教育強化に戸惑う中国の保護者たち

[有料会員限定]
Financial Times

中国の学校では10歳になる学年から習近平(シー・ジンピン)国家主席の政治理念を教え込むことになったが、毛沢東時代の個人崇拝を思い起こさせるとして一部の保護者の間に「嫌悪感」が広がっている。

9月の新学期から、愛国心の高揚と習氏への称賛を促す「習近平思想」の履修が小学校から大学まで全国統一の教育課程として義務付けられる。フィナンシャル・タイムズ(FT)の取材に対し、中国各地の十数人に上る保護者がこの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン