/

この記事は会員限定です

[FT]若手弁護士、深夜勤務が常態化 コロナで案件急増

[有料会員限定]
Financial Times

弁護士の勤務時間が需要の急増を背景にこれまでにないほど延びている。特にプライベート・エクイティ(PE=未公開企業)ファンド関連の案件が増えており、米法律事務所カークランド・アンド・エリスの若手弁護士は、平均で深夜11時半ごろまで働いていることが最新のデータで判明した。

英法律ニュースサイト「リーガルチーク」の調査によると、司法修習生や勤務弁護士の勤務日数が過去1年間で増加した。しかもロンドンにある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2016文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン