/

ロシア軍、一部で反乱か 英国防省分析

【ロンドン=共同】英国防省は30日、ロシア軍によるウクライナ侵攻の戦況分析を公表し、ロシア軍の一部で反乱が起きているとする信頼できる複数の報告があると指摘した。

ロシア軍は中級から下級の将校に壊滅的な損害があるとの分析も明らかにし、経験豊富で信用できる指揮官が不足して士気がさらに低下、規律の悪さも続く可能性が高いとした。

一方、タス通信によると、ウクライナ東部ドネツク州の州都ドネツクを支配する親ロ派は30日、市中心部の学校にウクライナ軍のクラスター弾など数発が撃ち込まれ、5人が死亡、16人が負傷したと明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン