/

この記事は会員限定です

英仏独、南シナ海に空母・原潜派遣 対中国で米と歩調

[有料会員限定]

【シドニー=松本史、ロンドン=中島裕介】英国やフランスが今年に入り、中国が実効支配を強める南シナ海に空母など軍艦を相次ぎ派遣している。中国の軍事拠点化の阻止を目指すバイデン米政権と歩調を合わせる狙い。中国がこうした動きに反発の姿勢を強めるなか、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国は緊張の高まりを懸念する。

英海軍の空母クイーン・エリザベスを中核とする空母打撃群は5月に英国を出発、7月中旬にインド洋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン