/

デルタ型の感染力、変異前の3倍超に 米CDCが分析

米疾病対策センター本部(ジョージア州アトランタ)=ロイター

新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)が、水痘(みずぼうそう)と同水準の強い感染力を持つとの分析を米疾病対策センター(CDC)がまとめたことがわかった。米紙ワシントン・ポストなど米主要メディアが報じた。

CDCの分析によると、デルタ型は1人の感染者が平均8~9人に感染させるという。この水準は水痘と同程度だ。変異前のコロナウイルスは通常のかぜと同じ水準の感染力で、1人の感染者が2.5人程度にうつすとされている。

資料はデルタ型がより重篤な症状を引き起こす可能性にも言及した。ワクチンを接種していても感染する可能性があると指摘し、各自治体などがワクチン接種の義務化とマスクの着用を求めることを推奨した。CDCはデータを30日にも公表する方針だ。

CDCは27日、デルタ型の拡大を受けてワクチン接種を終えた人も屋内でマスクを着用するよう勧告した。接種者はマスク着用を不要とするこれまでの方針を転換したことで、ワクチンやマスクに懐疑的な人が多い一部の州では反発も広がっていた。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン