/

この記事は会員限定です

[FT]農作物のゲノム編集規制、英国が年内に緩和へ

[有料会員限定]
Financial Times

英国政府は2021年内に、農作物のゲノム編集研究に関する規則を国内で緩和する計画だ。欧州連合(EU)離脱後の国内の規制緩和の一環で、農業における遺伝子操作に関する規制もその対象になっている。

ユースティス環境相が29日に発表する。これにより、ゲノム編集技術を施した作物の商業生産への道が開ける。ゲノム編集は遺伝子工学の技術の一つだが、遺伝子組み換えとは違い別の種類の生物のDNAを組み込むことはない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1886文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン