/

この記事は会員限定です

24年パリ大会「五輪とパラ垣根なしに」仏副大臣が会見

大会ボランティアの6%を障害者に

[有料会員限定]

フランスのソフィー・クリュゼル障害者担当副大臣は30日、都内で記者会見を開き、2024年パリ五輪・パラリンピックは「五輪とパラリンピックの垣根を取り払う大会にする」と述べた。大会ボランティアの6%を障害者にする考えを示し、あらゆる人々の社会参画の必要性を強調した。

クリュゼル氏は24日に開幕した東京パラリンピックに合わせて来日した。フランスでは従業員20人以上の事業所ごとに、全従業員の6%に該当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン