/

不明小型機を発見、墜落か ネパール、22人搭乗

【ニューデリー=共同】ネパール中部で29日に22人を乗せて離陸後、消息を絶った小型旅客機について、地元メディアは30日、軍当局が機体の残骸を発見したと伝えた。墜落したとみられ、軍が捜索活動に当たっている。乗客乗員の安否は不明。

小型旅客機は29日朝、中部の観光地ポカラから北部ジョムソンに向かったが、離陸直後に連絡が取れなくなった。乗客はドイツ人2人とインド人4人、ネパール人13人の計19人で、乗務員はネパール人の3人だった。

ジョムソンはトレッキングの拠点となる町で外国人観光客も多い。2013年には小型チャーター機がジョムソンの空港で着陸に失敗。滑走路をオーバーランして川に突っ込み、乗客の日本人女性5人が重傷を負った。16年にはポカラからジョムソンに向かっていた小型旅客機が墜落し、乗客乗員の計23人全員が死亡した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン