/

この記事は会員限定です

[FT]中国発の音声SNS、中東で市場拡大

政治、宗教、ポルノを排し、多様性を重視

[有料会員限定]
Financial Times

海外で大ヒットした中国発のSNS(交流サイト)としては動画投稿アプリの「TikTok(ティックトック)」がよく知られている。だが、中東では第2の中国発アプリが人気を集めている。

アラビア語で「さあ、いくぞ」(というかけ声)を意味する中国系企業「Yalla(ヤッラ)」が運営するチャットアプリとゲームアプリの月間ユーザー数は2020年6月までの1年間で約5倍に増え、1200万人を超えた。同社の株価はニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン