/

この記事は会員限定です

[FT]米国で「代替肉」需要に陰り 試食減や供給網混乱で

[有料会員限定]

植物由来のたんぱく質でつくる「植物肉」の熱気が冷め始めた。本物の肉の市場を大きく奪うとの期待に米国での販売減少が暗い影を落としている。

米調査会社SPINSによると、10月3日までの4週間の植物性代替肉の売上高は前年の同期間を1.8%下回り、年初来では0.6%減少した。

2020年の新型コロナウイルス危機発生後の大幅な販売増加を受けて、21年は成長のハードルが高くなっていた。コロナ対策の行動規制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1852文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン