/

アフガン首都爆発50人死亡 モスクの礼拝者、テロか

【イスラマバード=共同】アフガニスタンの首都カブールのモスク(イスラム教礼拝所)で29日に爆発があり、ロイター通信はモスク指導者の話として、少なくとも礼拝者50人が死亡、多数のけが人が出たと報じた。テロの可能性がある。犯行声明は確認されていない。

29日は、イスラム教徒が日中に飲食しないラマダン(断食月)の最後の金曜礼拝だった。モスク指導者の男性は「礼拝に参加した何者かが爆発物を爆発させた」と語った。おいも犠牲となったとし「愛する人を亡くしてしまった」と悲しんだ。

モスクからは黒煙が上がり、遺体があちこちに倒れていたという。多くのけが人が複数の病院に搬送された。

イスラム主義組織タリバン暫定政権のムジャヒド報道官は29日、爆発を受け「最も強い言葉で非難する。犯罪者を見つけ出し、処罰する」とツイートした。

ラマダン中は信仰心の高まりから武装勢力の活動が活発になるとされる。アフガンでは、過激派組織「イスラム国」(IS)によるテロが相次いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン