/

この記事は会員限定です

女性の政治進出、日本は先進国最低 駐日大使の解決策は

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

19日、衆院選が公示された。政党候補で女性が占める割合はおよそ18%。「2020年代の早期に指導的地位における女性が占める割合を30%に」との政府目標には遠く及ばない。日本での女性の政治参加をどう見るか。女性リーダーの活躍が進むノルウェーのインガ・ニーハマル駐日大使と英国のジュリア・ロングボトム駐日大使に聞いた。(文中敬称略)

21年3月に発表された世界経済フォーラム(WEF)のジェンダーギャップ指数によれば、政治分野におけるノルウェーの順位は3位、英国は23位となった。同じ政治分野で日本は156カ国中147位。主要先進国の中で最も低い順位だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン