/

この記事は会員限定です

[FT]メキシコ大統領、経済回復へ遠い道のり

改革断行へ中間選挙結果が痛手に

[有料会員限定]

メキシコのロペスオブラドール大統領は6日投開票の中間選挙で打撃を被ったが、それを有権者からの叱咤(しった)激励と受け止めてはいないようだ。

投票から一夜明けた7日午前、政府は大統領と近い関係にあるサルディバル最高裁判所長官の任期を延長する法令を発布した。批判派は2024年に任期を迎えるロペスオブラドール氏を続投させるための布石ではないかと危惧している。

改憲に必要な議席数 割り込む

数日後、与党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2785文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン