/

ウクライナ商業施設にミサイル着弾、動画を公開

【キーウ=共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は28日、中部ポルタワ州クレメンチュクのショッピングセンターにロシア軍のミサイルが27日に着弾した瞬間とする動画を、インスタグラムで公開した。ミサイルが着弾し、激しい爆発と同時に黒い煙が上がるのが確認できる。ゼレンスキー氏は攻撃を「テロ」と非難した。

ウクライナ大統領府のティモシェンコ副長官は28日、ショッピングセンターの死者が20人、負傷者が59人になったと発表。40人以上の安否が分かっておらず、犠牲者はさらに増える恐れがある。

東部ドニエプロペトロフスク州のレズニチェンコ知事は28日、州内にミサイル6発が飛来し3発を撃墜したが、鉄道インフラや企業の施設が被害を受けたと明らかにした。死傷者については不明。救助活動が続いているという。

ロシアが大半を制圧した東部ルガンスク州ではウクライナの最後の拠点リシチャンスク周辺で激しい戦闘が継続。同州のガイダイ知事は28日、ロシア側が対人地雷を設置しているとして市民に移動を控えるよう呼びかけた。ウクライナ軍によると、ロシア側はリシチャンスクと東部ドネツク州バフムトを結ぶ主要道路の支配を狙って攻撃を仕掛けている。

タス通信によると、ルガンスク州で実効支配地域を広げる親ロシア派「ルガンスク人民共和国」の内務省幹部は28日、リシチャンスク周辺でウクライナ兵千人以上を殺害したと主張。「多くの将校が逃亡し、何人かは投降した」と述べた。

一方、南部ヘルソン州でロシア側が一方的に設置した「軍民行政府」の幹部は28日、州都ヘルソンのコルイハエフ市長を軍民行政府の治安部門が拘束したと述べた。ロシア通信が伝えた。市職員らに不服従を呼びかけていたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン