/

この記事は会員限定です

[FT]米戦闘機を切望するトルコ 10カ国大使追放は見送り

[有料会員限定]
Financial Times

慎重に振り付けられた幕引きで、トルコと西側の間に数十年来で最悪の危機が生じる事態は避けられたものの、トルコ政府は、10カ国の大使を国外追放するとしたエルドアン大統領の脅しが引き起こした問題の火消しを試み続けている。

だが、トルコがバイデン米大統領とより良い関係を固めようとし、英グラスゴーで開かれる第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)に合わせた首脳会談を期待していたさなかに、この問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2862文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン