/

オミクロン型に世界が警戒 G7保健相、緊急会合へ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ロンドン=中島裕介、ワシントン=坂口幸裕】南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの「オミクロン型」に、世界で警戒感が強まっている。28日には新たにカナダで北米初となる感染例が見つかり、フランスでも感染疑いが確認された。日米欧の主要7カ国(G7)は29日に緊急の保健相会合を開くことを決めるなど各国も対応を急いでいる。

G7議長国の英国は28日、緊急の保健相会合を29日に開くと発表した。緊急に開催が決まったため、オンラインなど遠隔での協議になる見通し。オミクロン型への対応策で歩調を合わせるほか、感染力やどの程度ワクチンの効力を下げる可能性があるか、といった詳細な分析でも連携を確認するもようだ。

G7の保健相会合は6月にも英国で開催した。この会合では、新たな変異ウイルスに関する世界的な監視網の強化のために各国が協力することで合意した。新薬開発から実用化までの期間を短縮するため、臨床試験(治験)の迅速化の協力や、ワクチン証明書の相互承認など多国間協力の必要性でも一致した。

世界保健機関(WHO)はオミクロン型について「懸念される変異型(VOC)」に指定し、各国に監視体制の強化などを求めている。28日の声明では、感染力が強まっている可能性があるとしたうえで、重症化率の高さといった特性は「依然としてはっきりしていない」と説明。密集を避けるなどの感染対策が引き続き有効であると強調した。

米国のファウチ首席医療顧問らも同日、バイデン大統領にオミクロン型について説明した。ホワイトハウスによると、ファウチ氏は「より明確な情報を得るにはあと2週間ほどかかるが、既存のワクチンで重症化をある程度予防できる可能性が高い」と伝えたという。

世界的な感染の広がりを受けて、各国は入国制限などの対応策に動いている。

米国務省は27日、南アなどアフリカ南部8カ国への渡航警戒レベルを4段階のうち最も厳しい「渡航中止」に引き上げた。29日からこれらの国からの外国人の入国を一時的に禁じる渡航制限を課す。

国内についても、バイデン氏は26日「重症化を防ぐため、ワクチンを接種している米国民は予防強化に向けて追加接種(ブースター接種)を受けてほしい」との声明を出し、未接種者の早期接種を改めて促した。

インドネシアも28日、過去14日以内に南アやボツワナなどアフリカの一部への渡航歴がある外国人の入国を29日から禁止すると発表。日本を含む外国からの入国者でワクチン接種を完了した人の隔離期間は、3日間から7日間に延ばす。

カナダは26日、14日以内に南アやモザンビークなど南部アフリカ地域7カ国に滞在した外国人の入国を一時的に停止する措置を取った。中東・アフリカ地域では、モロッコが全ての旅客便の到着を29日夜から2週間停止する。イスラエルはすべての外国人の入国の禁止を決めた。

カナダで北米初の感染確認 仏では疑い例8件


カナダ東部オンタリオ州当局は28日、首都オタワで新型コロナウイルスの「オミクロン型」の感染が確認されたと発表した。北米では初となる。保健当局によると、感染が確認されたのは2人。ナイジェリアに渡航し、最近戻ってきたという。患者は現在隔離されており、当局が患者への接触者を追跡して管理している。
またフランス政府も28日、感染が疑われる例を8件確認したと発表した。いずれも過去2週間以内にアフリカ南部を訪れたという。確定すれば国内初となる。英国政府は同日、新たに3件目の感染例が見つかったと発表した。英BBCによると、感染者はすでに英国を去ったが、英議会があるロンドン中心部を訪れていたという。
オミクロン型はこれまで、アフリカ以外で英国やドイツ、イタリアといった欧州で見つかっているほか、香港やイスラエルでも確認された。米国や日本では感染の発表はないが、ウイルス侵入の懸念は消えない。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン