/

サル痘、「M痘」に名称変更推奨 偏見回避へWHO

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は28日、動物由来のウイルス感染症「サル痘」の名称を「M痘」とするよう推奨した。1年間の移行期間を経て完全に変更するとしている。Mは英語でサルを意味する「MONKEY」の頭文字。

自然界の宿主がアフリカに生息する齧歯類とみられている上、偏見を避けるため動物や国・地域などの固有名詞を病名に付さないとの2015年の指針に基づき変更を決めた。ウイルスが1958年にデンマークで実験動物のサルから発見されたため、サル痘と命名されていた。

WHOは今年7月23日にM痘が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に相当すると宣言。WHOとして最高度の警告を発することで、各国に警戒を訴えている。緊急事態宣言は、新型コロナウイルス感染症に対しては20年1月30日に出されている。

M痘は今年5月以降、従来継続的に流行していたアフリカ中西部以外で感染が確認される例が続出し、世界の広範囲で同時に感染が確認された初の事態となった。今年1月1日から今月26日までに、110カ国・地域で8万人超が感染し、55人が死亡した。

M痘患者の体液や患部との接触などを介して感染するが、大半は軽症で治癒する。WHOによると、大半の患者は男性の同性愛者。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません