/

この記事は会員限定です

[FT]フィリピン実業家、ガス田権益目指す ダバオ市出身

[有料会員限定]

フィリピンで第2位の富豪が国内最大の天然ガス田の権益取得に動いている。国のエネルギー安全保障が重大な局面を迎え、新政権が船出しようとするさなかの動きだ。

実業家エンリケ・ラゾン氏率いるインフラ企業のプライム・インフラストラクチャー・ホールディングスが、南西部パラワン島沖に位置するに位置するマランパヤガス田の過半数権益取得を目指している。総人口1億1000万人のフィリピンで、電力需要の約2割分の天...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2596文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン