/

核ミサイル施設建設か 中国・ウイグルで

【ワシントン=共同】米紙ニューヨーク・タイムズは27日、中国政府が新疆ウイグル自治区東部で、核ミサイル用の地下発射施設とみられる110の建造物を建設していると報じた。核専門家が衛星画像で特定した。米側に発見されることを想定し、対米交渉を有利に進める狙いで建設した可能性がある。

建造物は少数民族ウイグル族らの「再教育」施設がある場所として知られるハミ市から約100キロ南西に位置。3月に建設が始まった。

これとは別に、6月には中国軍が同国北西部甘粛省の砂漠地帯に大陸間弾道ミサイル(ICBM)用の地下発射施設とみられる119の建造物を建設しているとワシントン・ポスト紙が報じている。

国防総省によると、中国の核戦力は今後10年間で2倍以上になるとみられており、米政府は警戒を強めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン