/

この記事は会員限定です

日印デジタル協力の潜在力 サンジェイ・K・バルマ氏

駐日インド大使

[有料会員限定]

新型コロナウイルス流行を契機に、職場や学校などあらゆる場面でIT(情報技術)を導入する機運が劇的に高まった。ITに多くの経験と知識、人的資源を持つインドはデジタル改革に取り組む日本に大きな貢献ができるはずだ。

インドでは12年前に導入した独自の個人認証ID「アーダール」が行政のデジタル化に威力を発揮している。所有者の指紋や虹彩などの情報が個人識別番号と結びついており、本人確認や電子決済の手続きをス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン