/

独伊豪オランダでも新変異型確認 日本は最警戒レベルに

(更新)

南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルス「オミクロン型」の感染が広がってきた。28日までにドイツとイタリア、オーストラリア、オランダで新たに初の感染が確認された。英政府がマスク着用を再び義務化し、イスラエルがすべての外国人の入国を禁じるなど各国が規制の再強化を迫られている。

オミクロン型の感染はこれまでに南アや隣国のボツワナ、ベルギー、イスラエル、英国、香港で確認されていた。

各国の報道によると、ドイツで27日、南アから航空便で南部ミュンヘンに最近到着した2人の感染が確認された。イタリアでも同日、モザンビークに滞在していた男性が北部ミラノで受けた検査で陽性反応が出た。オランダでは南アからの航空便の乗客で13人の感染が28日に判明した。

豪州ではシドニーがあるニューサウスウェールズ州の保健当局が28日、アフリカ南部から入国した2人の感染確認を発表した。27日夜にドーハからシドニーに着いた航空機に搭乗していた。チェコやデンマークでも初の感染確認が報じられた。

英政府は店内や公共交通機関でのマスク着用のほか、外国からの渡航者にPCR検査を義務付ける。オミクロン型に感染した疑いがある人との接触者に対し、10日間の隔離措置も導入する。

英国では人口の大半を占めるイングランドで7月に新型コロナ対策の規制を全面的に撤廃した。主要国でいち早く「コロナとの共生」を掲げ、新規感染者が1日4万人規模に増えてもマスク義務化は見送っていたが、オミクロン型の確認で方針転換した。

ジョンソン英首相は27日、オミクロン型について「拡大のスピードが非常に速く、ワクチンを2回接種した人の間でも広がる恐れがある」と指摘した。「広範囲な変異があり、これまでのウイルスの構成とは大きく異なっている」と述べ、大幅な渡航制限は避けつつも拡大を遅らせ、最小限にとどめたい考えを示した。

イスラエル政府は27日、すべての外国人の入国を14日間禁止する方針を決めた。イスラエルでは26日までにオミクロン型の感染が確認され、いち早く南アや周辺国からの渡航を原則禁止していた。

米国務省も27日、南アなどアフリカ南部8カ国への渡航警戒レベルを4段階のうち最も厳しい「渡航中止」に引き上げた。同日までに米国内で感染は確認されていないが、バイデン政権のファウチ首席医療顧問は米メディアで「確認されたとしても驚かない」と語った。

オミクロン型は南アの国立伝染病研究所などが25日、新たに確認した変異ウイルスとして発表した。世界保健機関(WHO)は26日、最も警戒レベルが高い「懸念される変異型(VOC)」に分類した。現段階では不明点も多いが、ワクチンが効きにくく、短期間で世界中に広まったデルタ型より感染力が高い恐れが指摘されている。

国立感染研「懸念される変異型」に指定


国立感染症研究所は28日、南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの「オミクロン型」について、最も警戒レベルの高い「懸念される変異型(VOC)」に指定したと発表した。
感染研の指定見直しは国内での政策対応の起点になる。これを受けて厚生労働省は28日、自治体向けに変異型の検査態勢の強化を要請した。26日時点では2番目の警戒レベル「注目すべき変異型(VOI)」だった。
検査態勢を巡っては、現在は感染者のうち5~10%をゲノム解析するよう求めている。今回の措置に伴って自治体は「できる限り多くの検体」で解析を実施する。
新型コロナ特集ページへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン