/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]エーオン 買収企業には高額の違約金リスク

[有料会員限定]
Financial Times

現金の支払いはないはずだった。保険仲介大手エーオンは2020年3月に同業のウィリス・タワーズ・ワトソンの買収を発表した。買収先の評価額は約300億ドル(約3兆3000億円)。ウィリスは既存の株式を統合後の新会社の株式と交換するだけでよかった。その株主は、多額の現金プレミアムを前払いで受け取る代わりに、シナジー(相乗効果)に伴う株価の上昇から恩恵を受けるはずだった。

残念ながら相乗効果はなくなって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン