/

この記事は会員限定です

米欧一部企業、切れぬロシア事業 高い依存度背景に

[有料会員限定]

欧米の一部企業がロシアによるウクライナへの侵攻後もロシアとのビジネスを続けている。多くの企業は制裁に伴う事業環境の悪化や株主や消費者からの圧力によって撤退しているが、ロシアへの依存度が非常に高いことや、契約上の理由があることから撤退していないケースが多い。国際的な批判の高まりで逆風は強まっており、企業は難しい決断を迫られている。

「現地社員が戦争を望んだわけではないのに、彼らを罰する理由はない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン