/

ゴーン被告、フランス当局が参考人聴取

【パリ=共同】フランス捜査当局は26日、2015年以降発覚した欧州自動車メーカーの排ガス規制逃れ疑惑で、当時フランス大手ルノーのトップだったカルロス・ゴーン被告を逃亡先のレバノン・ベイルートで参考人として聴取した。フランスメディアが伝えた。

当局は、ゴーン被告がルノーの会社資金を不正使用した疑惑を巡っても、近くベイルートで被告を事情聴取する方針。

排ガス規制逃れ疑惑は、ドイツ大手フォルクスワーゲン(VW)などが違法な装置を搭載し、排ガス試験の際に窒素酸化物の排出量を不正に操作していたとされる。フランス当局は17年にルノーに対する捜査に着手。ルノーは不正を否定している。

被告の絡む資金不正使用疑惑で、当局はルノーから中東オマーンの販売代理店への不審な支払いなどに会社資産乱用や背任の疑いがあるとしているが、容疑者は未特定。当初、ゴーン被告に出頭を要請したが、被告はパスポートをレバノン当局に提出しているなどとして応じず、レバノンで聴取を行うことになった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン