/

この記事は会員限定です

カブール自爆テロ、専門家の見方

[有料会員限定]

アフガニスタンの首都カブールの国際空港近くで26日に起きた自爆テロは少なくとも米兵13人、イスラム主義組織タリバンの構成員28人を含む100人超が死亡する惨事になった。アフガン、米国のそれぞれの専門家に情勢への影響を聞いた。

保坂修司・日本エネルギー経済研究所中東研究センター長

過激派組織「イスラム国」(IS)は、今後もタリバンや米軍にテロを仕掛ける可能性が高い。26日のテロの実行犯とされるIS「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン