/

仏大統領、ルワンダ大虐殺の責任認める

マクロン仏大統領はルワンダ大虐殺について責任を認めた=ロイター

【パリ=共同】フランスのマクロン大統領は27日、約80万人が死亡したとされる1994年のルワンダ大虐殺を巡り「(当時の)フランスは大虐殺を行った体制側にあった。謙虚に私たちの責任を認める」と表明した。訪問先のルワンダの首都キガリで演説した。

明確な謝罪には踏み込まなかったが「私たちを許すことができる」のは大虐殺の生存者だけだと言及しており、事実上許しを請うた形。マクロン氏は大統領就任後、ルワンダとの関係正常化を図っており、大統領府は今回の訪問を「最終段階」と位置付けている。

マクロン氏は「フランスは(虐殺の)共犯ではなかった」と訴える一方「(事態の悪化を)警告する人々の意見に聞く耳を持たなかった」と指摘した。マクロン氏の依頼でフランスの関与を調査した、歴史家らの委員会が3月に提出した報告書の結論に従った。

ルワンダ大虐殺は多数派フツ人のハビャリマナ大統領(当時)を乗せた航空機が94年に撃墜されたのをきっかけに発生。フツ人主体の政府軍や民兵が、少数派ツチ人や穏健派フツ人を殺害した。

大虐殺後、ツチ人の反政府勢力指導者だったカガメ氏が大統領となったルワンダとフランスは長年、虐殺への関与について非難の応酬を続け、一時は国交を断絶した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン