/

米豪印、安倍外交を評価 対日関係強化に意欲

米国のハリス副大統領は27日、安倍晋三元首相の国葬に出席後、東京都港区の増上寺で記者団の取材に応じ「『自由で開かれたインド太平洋』という言葉を生み出したのは彼だった。米国はその原則を大切に守っていく」と安倍氏の外交実績を評価した。安全保障面で日本や韓国、オーストラリアなどと連携を深める考えを表明した。

国葬のため訪日したオーストラリアのアルバニージー首相とインドのモディ首相は27日、岸田文雄首相とそれぞれ会談し、日米豪印の協力枠組み「クアッド」を推進した安倍氏の功績を称賛、対日関係強化に意欲を示した。

ハリス氏は増上寺の境内を散策し「日米両国民の友情が末永く続くことを祈ります」と日本語で書かれた絵馬にサインして奉納した。岸田氏のほかアルバニージー氏や韓国の韓悳洙首相らと会談したことを踏まえ「安倍元首相の死去という悲しい状況下での訪問となったが、とても良い重要な旅となった」と語った。

29日からの韓国訪問に関し、米韓同盟強化を「日本との同盟関係の文脈でも考えている」と述べ、日韓関係改善への期待をにじませた。

アルバニージー氏は岸田氏と会談後、記者団に、国葬のため3人のオーストラリア元首相と訪日したのは「日豪関係重視の表れだ」と強調。岸田氏とこれまで会談を重ね、民主主義諸国が関係強化する重要性を示してきたと述べた。

安倍氏と親交が深かったモディ氏は岸田氏との会談で「(今回の)訪日で悲しみがより強くなった」と悼んだ。岸田氏のリーダーシップの下で「日印関係がさらに深くなると確信している」と述べた。(共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン