/

この記事は会員限定です

[FT]ロシア領沖のバルト海に現れたLNGタンカーの不穏

[有料会員限定]

ロシアがバルト海に面する同国の飛び地、カリーニングラード州の沖に液化天然ガス(LNG)タンカーを停泊させている。ウクライナを巡り、ロシアと米欧諸国の緊張が高まるなか、ロシアの奇妙な動きにエネルギー業界は警戒を強めている。

面積が岩手県とほぼ同じ1万5000平方キロメートルのカリーニングラード州はポーランドとリトアニアの間にある。ロシア本土とは切り離されている。通常はロシア国営のガス大手、ガスプロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン