/

この記事は会員限定です

「ウクライナの次」の標的か モルドバに飛び火の恐れは

[有料会員限定]

ウクライナ南部と国境を接するモルドバの安全保障が脅かされる恐れが出てきた。ロシア軍中央軍管区のミンネカエフ副司令官は22日、ウクライナ南部の先にあるモルドバに向けて軍事行動していくと示唆。同国の親ロシア派支配地域では爆発が相次ぎ、27日には砲撃もあった。モルドバはどういう国で、なぜロシアによる「ウクライナの次」の標的になると米欧各国が警戒を強めるのか解説する。

・モルドバはどういう国か
・ウクライナでの戦闘が飛び火する恐れは
・米欧はどう対応していくのか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン