/

上海市東部、感染拡大で都市封鎖 テスラが工場一時停止

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【上海=土居倫之】中国の上海市は28日、金融機関などが集積する東部を対象に事実上のロックダウン(都市封鎖)を始めた。対象地域でバスやタクシーなど公共交通機関の運行を停止し、市民の外出を原則禁じた。新型コロナウイルスの感染収束を目指す措置だが、企業活動への影響は避けられない見通しだ。中国メディアは28日、米テスラの操業一時停止を報じた。

今回の都市封鎖は市内を2地域に分けて実施する。東部は4月1日午前5時(現地時間)までとし、その後、日本人が多く住む西部を対象に4月1日同3時から5日同3時まで実施する。封鎖期間中に全市民にPCR検査を実施。感染者を隔離し、新規感染の拡大を阻止する。

封鎖期間中は、対象地域でのバス、タクシーなど公共交通機関の運行を停止し、許可のない自家用車の通行も禁止する。地下鉄駅も封鎖する。電気、ガス、水道、食料など生活インフラ関連以外の全ての企業に在宅勤務などを求める。株式・為替などの取引は通常通り実施される。工場は閉鎖された環境での生産を求める。中国メディアは28日、テスラが上海工場でのEV(電気自動車)生産を4日間停止すると伝えた。

上海では「オミクロン型」など感染力の強い変異型が流行し、感染拡大が続いている。27日は新規感染者数(無症状含む)が3500人と過去最多となった。経済の影響を考慮して、これまでは大規模な封鎖を避けてきたが、感染拡大に歯止めが掛からないため、今回の措置を決めた。国家衛生健康委員会によると、27日の中国本土での新たな市中感染(同)は6215人で、比較できる2020年4月以降で1日の感染者数として過去最多だった。

都市封鎖の発表を受けて、市内では市民が食料や生活必需品などを買いだめする動きが広がり、スーパーマーケットでは野菜や肉などが品薄となっている。市東部の浦東新区では、スーパーマーケットや市場の営業時間を28日午前0時まで延長した。封鎖を前に食料を買い求める市民の長蛇の列ができた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン