/

この記事は会員限定です

[FT]潜水艦契約を破棄された仏社、豪に「違約金」請求へ

[有料会員限定]
Financial Times

インド太平洋地域での米英豪による新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)」を巡る外交問題の渦中に立たされたフランスの軍事企業が、900億豪ドル(約7兆3000億円)の潜水艦建造契約を破棄したオーストラリアから多額の費用を取り戻すと明言した。

「我々の権利と全ての費用を守る。こちらで発生したあらゆる費用、撤収に伴うあらゆる費用だ」と、仏ナバル・グループのピエールエリック・ポムレ最高経営責任...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン