/

この記事は会員限定です

[FT]EU、職員の「天下り」規制 利益相反行為を防止へ

[有料会員限定]

欧州連合(EU)は行政執行機関である欧州委員会の職員が休職制度を利用して民間企業で働くことを制限し始めた。EUと法律事務所やコンサルティング会社との間を行き来する「天下り」の慣行に歯止めをかける狙いだ。

職員が長期の無給休職を申請する際、欧州委と利益相反の関係にある民間企業での就労を許可されないケースが増えている。

欧州委の就業規則では、職員は最長12年の無給休職が認められており、在籍したまま別...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン