/

この記事は会員限定です

[FT]ミャンマーの民主派武装勢力、国軍に打撃 装備改善

[有料会員限定]

テットミャットさんはミャンマー国軍に15年間勤務し大尉まで昇進したが、民主化指導者アウンサンスーチー氏率いる政権を転覆したクーデターの数カ月後に軍を離れ民主派勢力に加わった。

それから一年たち、今も現役兵士とは接触を保っているものの、国軍から脱走し民主派勢力への参加を望む男性たちに訓練や物的支援を行うグループに協力している。

「昨年と比較すると我々の状況は改善している」と、テットミャットさんは民...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデターを巡る最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン