/

南アフリカのツツ元大主教悼む声 ローマ教皇や国連総長

【ナイロビ=共同】南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離)撤廃に尽くし、1984年にノーベル平和賞を受賞したツツ元大主教の26日の死去を受け、ローマ教皇フランシスコやグテレス国連事務総長など、各界の指導者が追悼の意を示した。

教皇庁(バチカン)の公式メディアによると、教皇は南アのカトリック教会関係者への電報で、元大主教は「南アで人種間の平等と和解を後押し」することを通し、キリストの教えに仕えたと称賛。「その死を知り悲しんだ」と伝えた。

グテレス氏はツイッターで、その人となりや情熱から学び「全人類にとってより良い世界にするために、闘い続けていく」と決意を述べた。

チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世は声明で「元大主教との友情と精神的つながりを大切にしてきた」とし「真の人道主義者だった」と振り返った。

黒人として初めて米大統領を務めたオバマ氏もツイッターで「おちゃめでユーモアの感覚を失わず、対立していた人にも人間性を見いだそうとしていた」と人柄をたたえた。

英国のエリザベス女王は「飽くなき姿勢で南アや世界の人権擁護に取り組んだ人物」と評し、故人をしのんだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン