/

この記事は会員限定です

[FT]ファイザーのコロナ治療薬、投与広がらず販売失速

[有料会員限定]

米ファイザーの経口抗ウイルス薬「パクスロビド」は、米メルクの競合薬をはるかにしのぐ販売実績をあげ、新型コロナウイルス治療薬市場で圧倒的トップの地位にある。だが医療現場への浸透が予想より鈍く、向こう半年間とその後の売り上げが伸び悩む恐れがある。

英調査会社エアフィニティによると、パンデミック(世界的大流行)収束の鍵になるとうたわれた治療薬は活用が進まず、旋風のように始まったファイザーの供給契約獲得...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2016文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン