/

ルーヴル美術館に初の女性館長 仏大統領任命

【パリ=共同】フランスのマクロン大統領は、国立ルーヴル美術館の次期館長に、オルセー美術館館長を務めるロランス・デカール氏(54)を任命した。仏文化省が26日発表した。フランスメディアによると、18世紀末に開館したルーヴル美術館で女性館長は初めて。

デカール氏は、2013年から館長を務めてきたジャンリュック・マルティネズ氏に代わり、9月1日に就任する。マクロン氏にデカール氏任命を提案した女性のバシュロ文化相は「彼女の才能と活力がルーヴル美術館の普遍的使命を果たすのに役立つだろう」とツイッターで祝意を示した。

19~20世紀初頭の美術の専門家で、オルセー美術館の学芸員を務めた後、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビにルーヴルの別館を開設する計画に携わった。17年からオルセー館長。

ルーブルでは「古代美術と現代世界の対話」や、若者へ訴える取り組みに優先的に取り組むとしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン