/

この記事は会員限定です

タリバン、統治評議会が新体制 旧政権幹部の登用否定

[有料会員限定]

【ニューデリー=馬場燃、カブール=タヒール・カーン】アフガニスタンを掌握したイスラム主義組織タリバンが検討している新体制の構想がわかった。最高指導者アクンザダ師を頂点とする統治評議会の大半のメンバーが入閣し、政権を運営するもようだ。長く敵対してきたアフガン軍も治安部隊に受け入れる方針だが、旧政権の幹部や女性を要職に起用することは否定的だ。

タリバン幹部が26日、首都カブールで匿名を条件に日本経済新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン