/

この記事は会員限定です

ロシア、タリバンと間合い 「包括的政権」求める

[有料会員限定]

ロシアがアフガニスタンを制圧したイスラム主義組織タリバンとの間合いを探り始めた。20年以上前のアフガン侵攻時に対立したが、20日にはモスクワの国際会合に招き、アフガン和平を協議した。地域安定を重視する現実路線でタリバンに関与するが、民族や宗教の少数派を含めた「包括的政権」の樹立を求め、新政権の承認にはなお慎重だ。

ロシアと中国、イランなど10カ国は20日、タリバン暫定政権を含めた高官級の会合を開い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2108文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン