/

この記事は会員限定です

増える単身世帯「おひとりさま消費、技術革新の弾みに」

人口と世界 マッキンゼー・アンド・カンパニー日本代表 岩谷直幸氏

[有料会員限定]

――世界で単身世帯が増えています。消費のあり方も現状ですでに変わってきていますか。

「日本やオーストラリア、韓国など経済発展が進んだアジアの国で、すでに単身世帯が3割を占めている。そのうえでアジアでもグローバルでも、(配車や金融などあらゆるサービスを提供する)スーパーアプリが人々の生活の中に溶け込み、40~50歳代、場合によっては60歳代の消費者もそうした生活に慣れ始めた」

「究極的にはパーソナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

人口と世界

人類登場から30万年。長く続いてきた人口膨張が、終わりに差しかかっています。人口の増加を前提にした経済や社会のシステムがきしみ始めるなか、新たな成長の道を見つけ出せるのか。連載企画「人口と世界」の第1部「成長神話の先に」では、人口を巡る大きな変化の兆しを取り上げ、人類を待ち受ける未来を予測しました。第2部「新常識の足音」では、人口減社会が迫るなかで見えてきた新たな常識を取り上げます。

速報

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン